3DCADインフラの構築 HELIX Corporation.
ホームへ戻る 会社情報 サービス 製品情報 パートナー コンタクト ショッピングページへ
サービス
 バーチャルショールームとは
バーチャル
プロトタイピング
 
  バーチャル
ショールーム
  バーチャル
ロケーション
 
     

  コンセプト
自社の新製品をもっとも効果的にアピールする手法の一つです。
トレードショーでもインターネット上でも、非常に視覚に訴える手法でユーザーに製品情報を伝達します。静止画像、動画、コンフィギュレーターなどのコンテンツをニーズに合わせて、フレキシブルに作成していきます。
インタラクティブなコンテンツは顧客側のニーズをより具体的に掴むことが可能です。
バーチャルショールームコンセプトは共通のCADデータベースを使用することです。これらのデータはプロダクトライフサイクル上で一度作成されれば繰り返し利用可能です。マーケティングなどの後工程でわざわざ再作成する必要はありません。

  メリット
共通のCADデータベースを使用
データ作成は一度行えばそれを再度利用可能に。
コスト削減
モデリング時間、コストを削減
柔軟性
CADデータを利用することによりより柔軟性に富んだコンテンツが作成可能に
スピード
製品リリース前からマーケティングなどの活動が可能に
 

  バーチャルショールーム
イベント
トレードショーなどでのプレゼンテーション。効果的な、インタラクティブプレゼンテーションを可能にします。
インターネット
セールスコンフィギュレーターなど、視覚効果が高くハイクオリティのコンテンツを作成
ショールーム
実際の販売スペースで、大画面モニターで表示
デジタルコンテンツ
ムービー、スチールなどを共通のCADデータから作成。カタログ、DVDイメージなどへの活用
テクニカルイラスト
ティーチウエア、マニュアルなどへの活用。
 
   
【お問合せ】
  Tel:03(4590)0356
  E-mail: メールアドレス
  担当:長谷川
サイトマップ サイトポリシー 個人情報保護方針